「杜氏泣かせ|の酒」

「立春朝搾り」は搾りあが りが「立春の日」 と決まっているため、で きあがりが早 すぎたりしないよう、その年 ごとの米質や気候 の変化を察知 し、完璧 な管理 と微妙 な調 整 が必要 となります。
「大吟醸より難 しい」 という、杜氏の技量が問われる難 しいお酒 づ くりか ら「立春朝搾 り」は誕生 します。

「縁起酒」

蔵元・酒販店 さん総 出の出荷作業 の合 間 には、近 隣の神社 の神
主 さんによるお祓 いが行 われます。
お酒 を造 る人・届 ける人・飲 む人 ……
〈立 春 朝 搾 り〉に関わるすべての人 の無病 息災、家 内安全、商売繁盛 を祈願。皆 さまに幸多かれ と、械 れのない新酒 をお届 けします。

「繋がるお酒」

蔵元 がお客様 の笑顔 を思 い浮 かべ ながら仕込んだ 「立春 朝搾 り」を、地 域 の酒 販 店 が早 朝より蔵元 に出向き、出荷作業、お祓 いを済 ませ、ご予約分 を車 に積 み込 み、お客様 のもとにお届 けします。
「立 春 朝 搾 り」は蔵 元、酒 販 店、そしてお客 様 を繋ぎ、 さらにお い しい笑 顔 と新 しい春 を運 びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です